釜戸中学校生徒会より義援金をいただきました。

この度の豪雨災害のニュースを見て、「自分たちにできることは何か?」を考え校内で義援金募集を実施したそうです。

募集期間は夏休み直前ということもあり4日間と短かったのですが、この活動が新聞報道されたり、在校生などから地域の人に広まり、わざわざ学校に義援金を届けてくださる方が何人かあったそうです。

釜戸中学校生徒会は、一昨年は熊本地震、昨年は九州豪雨、そして今年の豪雨への義援金活動をしています。

生徒会のメンバーは、「釜戸中学校も過去に火事で地域の方々のお世話になった。その恩返しをするために地域貢献ということを思っている。」「被災地の、中学生たちの力になりたい。」と話してくれました。

この心をいつまでも持ち続け、大人になっても思いやりにあふれる地域づくりに力を貸してほしいと思います。

あたたかい心、ありがとうございました。